FXにおける心理戦で役に立つツールの活用方法

By: Julien Dumont

投資ジャンルの中でもFXは短期でトレードされる方が多いジャンルでありますので、いわば心理戦であると考えることができるものだと思います。実際にFXでトレードをされた経験があるという方は何度も味わっていることがあると思いますが、急な相場の変動で焦って売買をしてしまって予想以上の損失が発生してしまうということもあります。

しかしFXのシミュレーションソフトを活用して取引をしている間は順調に利益を伸ばすことができるという方も非常に多いと言われております。これは心理的な影響が非常に強い要因となっており、実際のお金を利用しているのとそうでないのとではFXトレードにおいては非常に大きな損益に影響を与えるものとなってくるのです。

よくFX取引においては自分なりの取引ルールを決めておくといいと言われておりますが、やはり為替レートの急激な変動を見てしまうと冷静さを欠いてしまって、自分で決めた取引ルールを守れなくなってしまうという心理状態にもなってしまうのです。

そこで取引ルールを厳密に守って常に冷静な取引を実現するためには、自動売買が可能なアプリケーションを活用するというのがお勧めになってきております。特に初心者の方や心理的に動揺しやすいという方は、アプリケーションにあらかじめ利益確定と損切りのタイミングを設定しておいてあとはFX自動売買に全てを一任するという方法が欠かせないものになってくると思います。

自動売買が可能なアプリケーションを導入することで常に客観的な判断に基づいて取引をすることが可能になってきますし、為替相場の変動で一喜一憂することなくストレスも少なくFXトレードに参加することができるようになっておりますので、メリットは非常に大きなものであると考えられるのです。FX初心者の方にとっては機械的に取引を続けられるシステムトレードは非常に大きなメリットを持っているものであり、安心してFXを楽しむためのツールになってくると考えられます。

転売、株(ADR)、FXが誌面の中核となっている雑誌

By: José Moutinho

とある雑誌は、いかにして副業(副業類似)で稼ぐかというところが主なテーマとなっているから、ネットの転売と株とFXはいつもテーマです。転売は、近くにあるリサイクルショップで需要のある商品を探して購入して、ネットで売るというものです。価格調査をやって、1万円→2万円というのをたくさん探せば、利益が上がっていきます。

株(ADR)は、朝7時から22時ごろまでのタイムスケジュールに沿って、そのときのアクションを解説しています。細かく狙い目の銘柄、成果チェック、について書いてあります。FXは夜だけです。たとえば、1時間足を軸にして4時間足のMAで反転ポイントを探る手法があります。反転ポイントがあわかれば、利益を出せるようになります。

感想としては、明らかにFXは副業の金額を超える面があるし、金額が大きければ大きいほどハイリスクハイリターン、それは得られるわずかなお金とは大きな隔たりがあります。リスクがあって安易に行うべきものではないと考えることができます。

しかし、儲かっているふうな内容の記事を書いていると、やってみようかなという気になります。タネ銭30万円から1000万円、それが可能ならやるでしょう。そうなるかどうかはFXの知識や経験や運しだいですが、30万円が消えるかもしれないことを考えれば、どうしてもリスクです。リスクを承知のうえで、1000万円に挑む稼ぎ方になります。あらゆるビジネスでは、初期投資として物件取得、内装工事、といったところで多額の投資をしており、何かの業態を通じて利益を得るという内容になっています。それは言いかえれば投資です。

FXとビジネスでの投資は、同じようなことであって、お金をかけてリターンを期待するところにあります。そのうちFXの場合、物件取得や内装工事にお金がかからないのが利点です。パソコン1台のみで済ませることができます。倒産件数の多い景況の中では、実店舗型のビジネス以上に、ローリスクの取引になるでしょう。

FXでバックテストをするのにはアナログな感覚も必要

By: Richard Barley

FXをする上でバックテストをすることは、証券会社や有名なトレーダーのものだけではありません。個人のトレーダーにおいてもバックテストをすることは重要であり、むしろ個人トレーダーの方がバックテストを綿密にすることが重要であります。このようなバックテストですが簡単にするソフトがあるのです。それがフォレックステスター2です。

バックテストをするには様々な方法があると思います。決してパソコンのソフトを使う必要もなく、チャートをプリントアウトして一つずつ紙に書き出す方法もあります。しかしパソコンも発達をしてきてバックテストが簡単に出来るソフトも出てきているのです。例えばフォレックステスター2ですが、これはMT4の開発者が作ったといわれていて、使い勝手がMT4に近いのでだれしもが使いやすくなっています。またフォレックステスター2はバックテストという感覚でなく練習をするといった感覚でも使うことが出来ます。

例えば市場が開いていない日曜日などに過去のチャートを引っ張り出してきて、ローソク足をティクデータと共に動かせば本当のチャートに見えてくることでしょう。そこで模擬売買をすることが可能なので練習にはもってこいです。

少しアナログなやり方ですが、ローソク足を一つずつ動かして自分のルールになったときに売買をすることでバックテストにもなります。しかもこれなら練習も兼ね合わせているので一石二鳥になるでしょう。このやり方は少し時間がかかってしまいますが、確実にトレードの腕は上達してきます。またチャートを見る時間がとても長くなるので、それぞれの通貨の癖なども見極められるようになります。

どのような手法を使うにしてもバックテストは必要になってきます。MT4のストラテジーテスターなどを使って一気にバックテストをするのもありですが、専用のソフトを使い一つずつトレードを検証していく作業も勝つためには重要になってくるのではないでしょうか。 

為替取引手数料やコストが少ないFXのメリット

By: Urban Explorer Hamburg

外貨預金などをされているという方の中には手数料が異常に高いと感じている方も多いと思います。手数料の高い通貨取引の中には手数料分の利益を得るために数年以上運用しなければならないということもありますので非常にコストパフォーマンスは悪くなってくると考えられます。しかし同じように通過の取引を行うFXであれば、FX会社によって手数料を無料にしているところも非常に多くありますし、FXにおける実質的な手数料と考えられるスプレッドも外貨預金の手数料の10分の1以下に抑えることも可能になってきますので、できるだけコストを抑えて通貨取引をしたいと考えている方には非常に大きなメリットがあるものだと考えられるのです。

また、無駄なコストを抑制していくことによって、そこで浮いた資金をさらに投資資金として運用することができるようになってきますので、より大きな利益を狙いたいという投資家の方々にも安心して利用できるジャンルになってきていると考えられます。

現代ではFX専門の比較サイトも登場するようになってきておりますので、スプレッド範囲など手数料として必要とされるコストができるだけ低いFXサービスを選ぶということも可能になっておりますし、サポート内容に関してもしっかりと比較することが可能になっておりますので、自分の為替取引におけるスタイルにマッチしたサービスを事前にしっかりとチェックしておくというのも上手なFX参加方法につながってくるものだと考えられます。

かつては為替取引というと敷居の高い存在でもありましたが、FXはネット環境さえ整備されていれば誰でも気軽に取り組むことができる内容となっておりますので、通貨取引や資産運用に関心を持っているという方は一度チャレンジしてみるというのも非常に魅力的なことであると考えられると思います。今ではスマホを活用したトレードも行われるようになっておりFXは非常に身近な存在となってきているのです。

FXの負け組にならないようにするためにしたほうがいいこと

By: Nick Kenrick

FXの取引を現在している人やこれから始めようとしている人はできるだけたくさんの利益を出してお金を儲けたいと考えている人が多いです。そのため負け組には絶対になりたくないという思いを持っています。そこでFXの負け組にならないようにするためにどのようなことをしたほうがいいのかというといくつかあります。これは実際に取引をしていて損失を出してしまう人がよくする行動パターンなので、このようなことをしないようにすることがFXの勝ち組になる近道であると言えます。

そして負け組の人がよくする行動としてまず自分のシナリオとおりに取引をすることができないことです。なぜこのような行動を取るのかというと損失を絶対出したくないという思いから、自分に都合の悪いような状況になってしまうとすぐに動揺をしてしまい、そのままポジションを閉じてしまうからです。それによって、もっと多くの利益を取れたという場合でも少しに利益しかあげることができず、それによってトータルでマイナスになってしまうことになります。

次に取引をしている際に冷静さを失ってしまって、相場をしっかりと判断できない状態になってしまうことです。確かにFXの取引をする際に絶対儲けてやるぞという強い気持ちを持つことは取引に勝つためにとても重要なことではあります。しかしこの取引をして利益を出すためにはしっかり相場を分析して正確な判断をすることが必要になってきます。そのためなかなか取引がうまくいかなくて、負けず嫌いが原因で冷静さを失ってしまうと勝てる取引も負けてしまうことになってしまいます。

そのためFXの取引をする場合、心の中で強い気持ちを持ち、なおかつ冷静さを保つことが重要です。それから取引をするためのルールがしっかりしていなくて直感で取引をしている人も負けパターンです。FXの取引は他の投資家との騙し合いなので、感に基づく取引をしてもまぐれで数回利益を出すことはできても、継続的に勝つことはできません。勝ち組になりたかったらこのような行為はしないようにしましょう。

デモトレードをいかにリアルトレードで応用をするか

By: Pedro Ribeiro Simões

何事においてもいえることですが、いきなり本番を迎えるということはなかなかないでしょう。大学受験にしても何度も模擬試験を受けて本番の入試を迎える人が大半ではないでしょうか。FXにおいても本当はそれが当てはまるのですが、実際はいきなりリアルトレードをしている人が大半です。今はほとんどのFX会社のチャートソフトにはデモトレードの機能が付いています。それはそれぞれFX会社のチャートソフトが使い方が異なるので、練習するためにも付いているのです。しかしそれだけで使うのはあまりにももったいないです。

デモトレードの一番の使い方はリアルトレードと同じような感覚で使うのが一番です。最初はそのチャートソフトに慣れるためにもいろいろ触るかもしれませんが、慣れたらリアルトレードと同じように使ってみましょう。デモトレードで資金が増やせないとリアルトレードでも絶対に資金を増やすことは不可能です。そのためにもデイトレードなら一度はデモトレードで資金を倍にしてみましょう。しかしその時に大事になってくるのが、リアルトレードの気持ちでトレードをすることです。デモトレードだからといって損切りを入れなくてほっておくようなことは、一切自分のためにならないのでやめましょう。

そしてもうひとつはきちんとルールどおりに取引をすることです。エントリーの基準、損切り基準、利確基準、出口戦略をきっちりと決めてトレードを始めましょう。同じルールでの運用結果が20件以上出てくると今後のデータとして使うことが出来ます。ここでプラスになっているのかマイナスになっているのかをきちんと見分けることで、ルールが使えるかどうかが分かります。

ここまでをデモトレードで実際に体験してみることが大事です。実際にデモトレードを経てリアルトレードを体験してみるとFXが簡単なことに気づくかもしれません。それは単純に固定されたルールを運用するだけだからです。ここまでくるためにもきっちりとデモトレードで修行を積みましょう。